安全第一の義務|エレベーターのメンテナンス業者を選択する際は、紹介業者に依頼する

エレベーターのメンテナンス業者を選択する際は、紹介業者に依頼する

男性と女性

安全第一の義務

集合住宅

エレベーターの定期的な点検は、建築基準法によって定められています。一般的にエレベーターの操作部分にその点検シールは貼られているので確認してみましょう。そのシールには、点検を行った日時や有効期限が記載されてあります。シールにも種類があり、建築基準法のものと労働安全衛生法のものがあります。どちらも年に1度の点検が必要とされているものになっています。これらのシールが貼られてない場合や更新されていない場合は、エレベーターの点検を怠っている建物になり、気をつけたほうがよいでしょう。エレベーターの定期点検は昇降機検査資格を取得している専門の方に行ってもらい、その結果によって安全か不備があり安全でないかを確認していきます。もし、安全でないと判断された場合は使用禁止令が出され、その問題が改善されるまでは、利用することができません。エレベーターを新しく設置する際は、工事の着工前にそのエレベーターの設置に関して適合しているか確認します。これは、役所や民間の建築確認検査機関で審査を行われます。そこで許可が出ない限りは、安全確保が不十分として設置することができないのです。こういった様々な取り決めの中エレベーターが作られていきます。安全確保を第一に考え取り組んでいるからこそ、エレベーターの審査は厳しいのです。エレベーターの設置後も何度もエレベーターの点検を行います。多くの方がエレベーターを利用できるのでは安全確保を第一に考えるからなのです。